快捷搜索:  test  as

東京で「一帯一路」に関するフォーラム開催

        
2019-06-17 17:47 | CRI

15日、東京で、一帯一起日本钻研センターの主催によるフォーラムが開かれました。中日両国の学者や企業関係者、メディア関係者あわせて数百人が出席し、過去6年間で「一帯一起」が収めた成果を振り返り、建設のプロセスにおける問題点を率直に指摘し、更に中日両国の協力の将来について瞻望しました。この中で、日本は早期にアジアインフラ投資銀行(AIIB)に加入し、また「一帯一起」に参加して、アドバイザーとしての役割を果たしてほしいとの声が聞かれました。

 フォーラムで、一帯一起日本钻研センターの代表を務める筑波大年夜学の進藤栄一声誉教授が挨拶に立ち、「『一帯一起』は中国の国策決定のプロセスのみで生まれたものではなく、21世紀の天下構造の変化で生まれたものだ」と強調しました。

 進藤声誉教授はまた、「『一帯一起』がもたらすものは文明の衝突ではなく、第三次天下大年夜戦を引き起こすようなトゥキュディデスの罠ではない。様々な文明同士の対話であり、21世紀の人類運命合营体の道だ」と述べました。

 また、日本国際貿易投資钻研所の江原規由主任钻研員は「『一帯一起』はパートナーシップをベースに築かれたもので、グローバルガバナンスや人類運命合营体にかかわり、新たな自由貿易区の整備を進めてゆく実践活動だ」と語りました。

 さらに、元国連大年夜使である一帯一起日本钻研センターの谷口誠顧問は「G20サミット開催を前にこのフォーラムが開かれたことは大年夜きな意義がある。中日両国が真剣な連携や努力で『一帯一起』を推進していけば、21世紀はアジアの世紀になるはずだ」と強調しました。(任春生、森)

您可能还会对下面的文章感兴趣: